読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可愛いものしか生み出せない

吉田瑞穂。飾らないわたし。可愛いものが好き。

幸せに満ち溢れるセックスが出来たこと〜本音で生きるすごいIKUSA

本音で生きるすごいIKUSA

【はじめに】この記事の公開にあたり、主人の許可を得ています。私たち2人の性の話なので、そこは外せません。わたしはわたしの願いを叶えていきますが、そこに彼のイヤが入るのであれば、手段は検討します。2人が納得いく形で叶えていきます。そして、ありがたくも彼は快諾してくれました。いつだってそう、彼はわたしの願いを受け容れてくれます。ありがとう。

 

かつて、私たち夫婦は、アホほどセックスをした。カラダを重ねるたびに馴染み、潤いが増し、深く絡み合った。体も心もシンクロニシティが驚くほどに増した。なんの知識もなく、ただ体感していた。

それが、出産・同居を期に忽然と姿を消した。回数も質も、潤いも快楽もいつの間にかどこかへ行ってしまった。無意識のうちに自分を殺していたからだ。

本当に欲しかったこと(=本音)が分かったことで、私たちは幸せなセックスを取り戻した。それは、以前とは異なり静かではあるが、とても愛と幸せに満ち溢れていた。

そんな話。

  

願いはありありと明確にせよ

ただ漠然と、気持ちよくなれないことがイヤだった。そして、毎日のように快楽に溺れたいと思っていた。叶わないならふ◯ぞくにでも行ってやる!と思っていたのは、ただの暴走だった。

それもこれも全て主人と何度も話をし、2人で努力してきたが解決できていなかった。

IKUSAの対面コンサルの際にこの悩みを打ち明けた。『瑞穂がしたいセックスってどんなものか明確に教えて。』と問われた時、回数は?質は?何がイヤか、何が欲しいか。願いを明確にするには少し時間が必要だった。

 

イヤだったこと

  • 月に1度程度しか出来ないこと
  • せっかく出来てもカラカラ砂漠で自分のカラダが嫌いになり、あんまりしたくないと思ったこと

欲しかったこと

  • 優しく頭を撫でて欲しい
  • 腕まくらで抱きしめて欲しい
  • 温もり、安心感を感じたい

 

 …あれ!?「イヤ」と「欲しい」がマッチしていない??

回数・質が思うようにいかないと漠然とイヤだと感じていた。しかし、本当に欲しかったことは『毎日快楽に溺れたいこと』よりも、『日々のささやかな温もり、安心感が欲しかったこと』に気が付いた。

これを主人に伝えること。

これがわたしの1つ目のIKUSAミッションだった。

 

わたしにとって、主人に伝えることは難しくなかった。

彼は、わたしのことを1番に愛している。わたしが本音を取り違え、無茶なお願いをしても受け容れてくれた。頑張って応えてくれた。わたしの歓ぶ顔が自分の幸せだと言ってくれた。

もう、彼の頑張りを無駄にしたくない。頑張りをひとつ残らず、わたしの『嬉しい』へと巡らせたい。

だからこそ、わたしは自分の本音をきちんと捉えて、伝える必要がある。

 

わたしの欲しかったことを全て伝えた。やっぱり受け容れてくれた。

その晩、久しぶりにセックスをした。それは、とても静かで、それでいて潤い、身体中が大きな愛と悦びに満ち溢れていた。全身で彼を感じた。全細胞が悦んだ。最高に幸せなセックスだった。

 

わたしはあなたを変えない。

ただ、わたしであるだけ。愛するだけ。

それだけで、あなたは幸せになる。

 

…と言いながらも、この後もまだ被害者になりたいわたし・コントロールしたいわたしに完全に気付いてなかったので、問題を作り出しては揉めましたが、なんとか戻ってきました。もう大丈夫。根っこには愛があるから。

f:id:mimittiy:20160628103303j:image

わたしの自撮りは、大好きな主人に向ける顔。

だーい好きが詰まってる。だから、可愛い。

会った時と自撮りで印象が違うってみんなに言われるけど、そらそうやん、大好きな人にしかせーへん顔やもん♡


#本音で生きるすごいIKUSA #セックスレス #そんなもんない


イベントご案内
・7/3 本音で生きるすごいIKUSA 最後のシェア会
あなたの悩みの本質を紐解きます♡
▶︎ お申込はこちら

吉田瑞穂 : Facebook / Instagram / アメブロ

スター、シェア、コメントしてくださると、とっても嬉しいです。