読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可愛いものしか生み出せない

吉田瑞穂。飾らないわたし。可愛いものが好き。

333,333円の価値 〜本音で生きるすごいIKUSA

『333,333円』は、わたしにとって決して安い価格ではない。

これは、秋田由理藤井みのりによる、2016年4〜6月の3ヶ月間にわたるグループコンサル『本音で生きるすごいIKUSA』の価格。

自分にこんな大金をまとめて支払ったのは、これが初めて。

しかし、決して無駄ではなかった。

本音で生きる(=自分の想いを尊重する)ことで、大切な家族をパートナーを心から愛せることが、こんなにも満たされることだと知ったのだから。

 

うまくいくことばかりではなかった。

むしろ、本音や伝え方が分からなくて泣いて、しくじりに気付いては泣いて、ぐしゃぐしゃになることの方が多かった。いつになったら幸せになるんやろと、もう立ち直れないのではないかと思った。

 f:id:mimittiy:20160626212740j:image

でも、その度に愛に気付き、満たされた。そして、また泣いた。

何度も何度も繰り返し死に、その度に自分に還った。

 

『今日、今ここで死んだら後悔する』

本音で生きることに挑戦しはじめた2015年11月。当時、義母と主人と娘の4人暮らし。状況は、良くなることもあったが、複雑に絡まっていったように感じていた。それを全て受け止めてくれた主人には本当に感謝している。

伝えたい自分の本音がどこにあるか分からなかった。もがき、苦しみ、どうしたらいいか分からなかった。蕁麻疹や全身の倦怠感、情緒不安定で会社には週3日しか行けなくなった。今は休職。

ある日ふと、『今日、今ここで死んだら後悔する』と聞こえ、雄叫びをあげ激しく涙した。

その強い衝動に突き動かされ、IKUSAに参加することを決めた。

 

参加を決めたそのときから現実は動き始めた。

自分が本当にしたいことをちゃんと伝えたことで、娘と2人で家を出ることになった。本当に些細なことがきっかけだった。

コンサルが始まる前に、一般的には異常だけど、自分に集中できるコンサルを受ける環境がちゃんと整った。

わたしがしたかったのは、主人と笑いながら過ごしたい、それだけだった。

ほとんど無言の食卓、楽しい話も出来ないリビング。頑張って作った料理をその場で「美味しい?」と聞けない。それもこれも、なんでも受け容れられる性分のわたしが自分で選んだ結果。いい嫁になろうと必死だっただけ。それが辛かった寂しかったと気付いたのも後の話。

実家に帰ったことで、両親とも向き合うことができ、初めて実家が心から休まる場所になった。

 

『今、死んでもいい』と思える。

誰しも言動の根っこには愛があって、伝え方が不器用なだけだったり、自分が『受け取らない』としていたことに気付いた。

自分の本音を伝えても大丈夫なんだとわかった。

本当に嬉しかった。

気付いたときには、コンサル受講前に感じていた『今、死んだら後悔する』が『死んでもいい』に変わっていた。本音で生きても大丈夫だと、安心感を得た。やりきった想いだった。

でもね、まだ楽しいことたくさんしたいし、これからどんな風に廻っていくんやろと楽しみだから、本当に死んだら困るの。ダメなのよ。

 

『まだ生かしてほしい』

10代の頃、『最期には死ぬんだから、何をしても意味がない』と本気で思っていたわたしが今は本気で『生かしてほしい』という。

主人との別居が始まってから、『なんでわたしを選んでくれないの』と散々泣いた。それすら自分が被害者であるための現実だったことに気付き、もう被害者にはなりたくないと心から願った。

主人のことが好きで好きで堪らない。

初めて心を開けた人。すべて受け止めてくれた人。笑っててもいいし、黙っててもいい。一緒にいるだけでいい。

別居だろうがなんだろうが、わたしが彼を好きなんだからそれでいい。

彼のことが好きで好きで堪らない。それだけでいい。

大好きに気付いたら、わざわざ『寂しいわたし(被害者)』を演じる必要がなかった。

この人の死に目に立ち会いたい。最期を見届けたい。その日まで、今のこの身体で愛を堪能したい。

生きたい。

 

f:id:mimittiy:20160627173158j:image

 

これだけの想いを感じれた今

『333,333円』は決して高いものではないと言い切れる。

参加を決めたわたし、本当にありがとう。

秋田由理さん、藤井みのりさん、IKUSAメンバーのみんな、関わってくれたみなさん、本当に本当にありがとう。

 

IKUSAキーフレーズ

わたしがIKUSAで実際に問われたフレーズを幾つかご紹介します。ご参考まで。

  • 今起こる現実が『最も都合のいいことだ』とすると、今の自分のズレはなにか
  • 答えは自分の中にしかない(対話が1番早く辿り着ける)
  • 『今の自分の価値観のうち、来世に1つだけ持っていけるとしたら、どれを持っていく?』(=自分の美学)
  • 願いはありありと具体的に描け

 

すべての根っこは『愛』であり、答えは自分の中にある。

 

もう、いつでも自分に還ってこれる。



#本音を生きるすごいIKUSA



イベントご案内
・7/3 本音で生きるすごいIKUSA 最後のシェア会

あなたの悩みの本質を紐解きます♡

▶︎ お申込はこちら

吉田瑞穂 : Facebook / Instagramアメブロ
このブログはすべてシェア、引用、大歓迎です。