読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可愛いものしか生み出せない

吉田瑞穂。飾らないわたし。可愛いものが好き。

お世辞は言わん。その代わり、否定もしない。〜本音で生きるすごいIKUSA

わたしに会いたいって言ってくれる人に本音を言わないことは失礼や。と、考える。


お世辞は言わん。

その代わり、否定もしない。

わたしが出来ることは、バンジーしたい人の背中をまあまあ強めにドン!するだけ。

 

この価値観も来世に持って行きたい。必ず。

 

わたしの価値観、美学

『もし来世にあなたの大切な価値観をたったひとつだけ持っていけるとします。
その時、あなたはどの価値観を持っていきますか?
by 藤井みのり

わたしは『わたしが作るものは絶対に可愛い。可愛いものしか生み出せない。』を持っていきたい。この価値観こそが自分の美学となり、主軸になる。どんなときもここからブレないこと。それが自分で在るということ。(詳しくはこちら

と言いながらたくさんしくじってはみのりさんにダメ出しをくらいながら、ようやく自分のものにでき始めてきたところ。日々鍛錬。

 

お世辞も否定も言わん、という選択

先日、対面コンサル2/3回欠席した加藤千尋がはるばる名古屋から仕事さぼって会いにきた。(その時の対話の様子はツイキャスにて録画公開中

きっかけは彼女に宛てた一通のLINE。

『生きてる?』

わたしは千尋に対して良い感情を抱いてなかった。人の為にと自分を蔑ろにしてるように見えた。彼女のことが腹立たしかったし、全くもって理解出来なかった。(今思えば、自分自身に思い当たる節があったから気に障ったんだとわかる。)初めて会ったその時、その想いが顔に出た。千尋はそれを察し、以来わたしを苦手になったという。

千尋とわたしはつい先日まで本当に交流がなかった。

 

今、最後のシェア会の申込が滞っている。どこに詰まりがあるのか考えたとき、ふと思った。

『そういえば、わたしも千尋に対して本音を言ってないな。』

千尋とわたしの関係が整えば進むと感じ、すぐさま連絡した。

 

相手を変えたいから伝えるんじゃない。

あくまでも本音を伝えるだけ。

それは決して、傷付けるためではない。

 

わたしは今まで言えてなかった本音を全て出した。千尋は衝撃を受けていたが、素直に受け容れ、本音を吐き出してくれた。

そして、彼女は自分の想いに気付き、涙した。今までの価値観を疑い始め、行動を起こすことを決めたように感じた。

 

彼女がこれからどうなるかは、はっきり言って興味ない。好きにすればいい。どうなろうとわたしの生死には関わらない。我ながら酷い言いようや。

ただ、共にIKUSAに参加し、本音で生きることを覚悟した仲間が、やると決めたことをやった時にどうなるのかは楽しみではある。

 

千尋が勇気を出して、わたしに会いに来てくれたおかげで、わたしはまたひとつ、自分の価値観を見つけることができた。

ありがとう。

 

f:id:mimittiy:20160701111153j:image

わたしが連絡する10日ほど前に、千尋がわたしのことを描いてくれた。しかもわたしのことが『愛おしい』と。まさかわたしを描くとは思っておらず、とても驚いた。わたしのこと苦手だろうと思っていたから。

それをプレゼントしてくれた。が、この日は雨でガード出来るものがなかったから返却。

折角やのにぐちゃぐちゃになるのはイヤやし。すぐに対面コンサル、シェア会で会うからその時にしてって。

必ず最後の対面コンサルは来いよ、と想いを込めて。

これが、わたしの愛の形。

 

#本音で生きるすごいIKUSA #価値観 #美学


イベントご案内
・7/3 本音で生きるすごいIKUSA 最後のシェア会
あなたの悩みの本質を紐解きます♡
▶︎ お申込はこちら

吉田瑞穂 : Facebook / Instagram / アメブロ
スター、シェア、コメントしてくださると、とっても嬉しいです。