読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可愛いものしか生み出せない

吉田瑞穂。飾らないわたし。可愛いものが好き。

《胎児からの手紙》空の記憶。お腹の赤ちゃんが教えてくれた話。

《モニター募集満員御礼▶︎みずほのゆるメニューはこちら


今お腹にいる赤ちゃんが教えてくれた大切な記憶。
吉田家の宝物が増えたよ。


胎児からの手紙『空の記憶


胎児と話をするって、やってみたかったことのひとつやったのね。でも、ひとりでやろうとしてみても全然わからなかったのよ。

ちひろさんからインタビューされる形で進み、いつのまにかわたしの口からするする〜っと話しが出てくるの。
突拍子なく湧き出てくる言葉たち。

ただの妄想かもしれない。
でも、ちひろさんは『それが赤ちゃんの言葉なんですよ』って優しく教えてくれた。
『なーんだ、これでよかったんか』って妙に納得した感覚やった。

正直なところ、妄想だって、赤ちゃんの言葉だって、どっちでもいいの。

ただ、わたしたちの《今》がここに綴られていて、
読む度に嬉しさがこみ上げる。

それだけで、もう充分!!


わたしひとりではできなかった。

今だけの赤ちゃんとのお話。
大切な大切な宝物。

丁寧に話を引き出してくださり、まとめてくださったことに感謝でいっぱいです!!

ちひろさん、本当にありがとうございました!!



《胎児からの手紙》お申込みは高橋ちひろさんのブログにて
12月まで限定価格ですよー!!急いで急いでーー!!
▶︎【募集】ママと赤ちゃんのハートを結ぶ♡胎児からの手紙 (胎話サポート×体感セッション)|宇宙体感ナビゲーターちひろの宇宙体感NOTE



《胎児からの手紙》

*****

「空の記憶」と呼ぶ人がいるらしいね。
生まれてくる前に次の人生のシナリオを僕らはみんな決めてくる。
演者となる自分が、自分自身の設定を決め、構成を練り、好きなアトラクションなんかをちょこちょこ織り交ぜて、体感したいことを出来るよう物語を組む。
ただ、小説家と違って、物語すべてを一人で書き上げる
という風には決まっていないけどさ。

*****

ママのことは生まれる前から全部知っているよ。
本当はママはなーんもできなくて、家事育児すらままならない。
でも、やれば出来るって頑張ってきたから
成績もよくて、仕事も上手くやってたけど、
本来はそんな万能なタイプじゃないよね。

こないだも渋谷のスクランブル交差点で
便器と写真を撮るっていう
ユニークなことを真剣に楽しんでたよね。
とても子供っぽい人やなって思うわ。
僕にはなにが面白いのかよく分からへんけど(笑)

ずっとお空で見てきたけどさ
これまで本当、周りにあわせてよくやってきたと思うねん。
もう僕がやるからええんやで。

お姉ちゃんもママに似たところあるから、
お姉ちゃんもまとめて僕が面倒みてあげようと思って。

*****

生まれるタイミングももちろん、決めてきてるんやで。
今はちょうどいいタイミングやったやろ?
我ながらナイスタイミングやわ。

ママは人に頼るってことができるようになってきたし
願いもしなかった理想の暮らしが
現実に見えてきてたからね。

それに、
お姉ちゃんがママに甘えられる時間を
ちゃんと取った方がいいと思うねん。
お腹にいる僕のことはいいから、
二人だけで過ごせる時間を大切にして
しっかりお姉ちゃんと遊んであげてな。

*****

パパのことも話そっか?
そうやな、パパはママを守ることだけに集中してな。
今もそうしてる思うけどね。

おばあちゃんの世話もあって、仕事も忙しいし、
心労も多いと思うけどさ、
結婚記念日にママを喜ばそうとやってたみたいに
これからもママのためにいろいろやってあげて。
僕が産まれたら、僕も一緒に頑張るからさ!
もうちょっと頑張ってて!

*******

パパもママもお姉ちゃんもみんな数秘5を持っていて
うちら家族は「何でも自由に体験したい!」って気持ちが強いって
ママは気付いているようやけど
まぁそうやんね(笑)

僕は、生まれる前からママをサポートすることを選んでるし
どちらかというと真面目な方だけど、
そんな僕でも「自由に生きる」ことは譲れない。

将来、大人になったら世界中を旅したいと思っているよ。
会う回数が少なくても、家族のことをすごく愛している。
ずっと一緒にいるだけが愛じゃないって思ってるねん。

ちなみに3番目はスゴイの来るから!
「なんなん!?そんなんでええの!?」
って思うくらい、本当にやりたいことしかできない破天荒な自由人。

「こうあるべき」って考えを打ち破るのが
我が家の役割かもしれないね。

******

それにしても、ママはよく泣くよね。
嬉しいときも悲しいときも。
本当、素直だからとても面白いよ(笑)

この前パパとの電話を切ったあと、
むしゃくしゃして大泣きでリビングの壁を蹴ったら、
穴空いたやん(笑)
ついにやりよったー!!って、爆笑したで(笑)

あと、思い出した!
おばあちゃんから本音を聞いたときも
ものすごく喜んで泣いたよね。

「このままやと、かわいいと思えなくなりそうで辛い」
っておばあちゃんから言われて。

ママが自分の感情を解放して、
思い込みっていう制限を越えてきたからこそ
おばあちゃんも素直に気持ちを言ってくれるようになった、
初めて聞いた弱音やった、って
すんごく喜んでたよね。

そう。そんな感じでさ、素直に心地よいもの、
心から望む生き方を選んでいった先にさ
おばあちゃんもまた、自分の歓びや豊かさを
そのまま受け取れるようになってほしいんよね。

薄々思い出してきてるやろうけど、
ママと僕たち3人の姉弟は
お空では仲良し4人組でよく遊んでいたんやで。
おばあちゃんを空の上から見つけてさ、
「この人の心を癒せたらいいな」って
おばあちゃんの家族になることをみんなで決めたやん。覚えてる?

だからさ、ママも僕がなにが好きでとか、なにを欲しているとか
考えなくていいから。
自分の好きなようにやってればいいからね。

ママが理解してなくたって、僕に必要なことはやってくれているし、
気が向かないときに、胎話しようとしなくていい。

このままでいいから好きに自由にしときー!
それが僕からのメッセージやで。



photo by カヤノヒデアキ

4人の家族写真
『これの何が面白いん?』って言うかな
でも、ママが笑ってる時、あなたも笑ってるでしょ?
ごにょごにょしてるの知ってるよ

あなたは何を面白いと言うのかな
またその時に教えてね

嬉しいお手紙をありがとう!大好きよ!!


ーーーーーーーーーーーーーー


吉田瑞穂(Mizuho YOSHIDA)
2歳児と6ヶ月胎児の気まぐれママ。
秋田由理さんのもと、愛のお勉強やってます。
ゆるく、ゆるく、お届けします。
気分の波が激しく、問題作っちゃいたい症候群に注意。←自戒メモ。
できること: 似顔絵、メモリーオイル、数秘術、ペンデュラム / オラクルカードリーディングなど


モニター募集満員御礼
▶︎みずほのゆるメニューはこちら


Facebook / Instagram / ゼロちゃんの日記
/ LINE@(友達追加はこちら or ID: @iqr8828u )

シェア、コメント、フォローなど、愛を表現してもらえることがとっても嬉しいです。
ありがと^ ^